新しい教室を開く場合に利用したいレンタルスペースはおすすめ!

新しい教室を開く場合に利用したいレンタルスペースはおすすめ!

レンタルスペースとは、好きなときに借りることができる部屋のことです。英会話・中国語講座などの教室を開いたり会議室の代わりとして使ったりするケースが増えています。アイデア次第でいろいろな使い方ができます。自分の部屋や会社の狭い会議室しかなくて、広い部屋が必要な場合はレンタルスペースを使ってみましょう。


 
特におすすめしたいのは、これから教室を開催しようとしている人



生徒さんを募集して教室を始めたい場合は、空き物件を探す必要があります。実際に便利が良い場所を調べていくと想像以上に高額なので、ビックリしてしまいます。しかし、レンタルスペースならば、物件を借りることと比べたら、とっても安い金額で提供してくれますから、教室を開く夢がグンと近づいてきます。

レンタルスペースが提供されている場所は、駅前などアクセスが良いところが多いので、これもうれしいポイントになります。教室を開始する場合は、お客様が始まらないと形になってくれません。駅前で目立つ場所であれば、自然と利用者を増やすことができるでしょう。

レンタルスペースは年中無休で24時間借りることができることが多いです。好きな時間を選択できますし、前もって予約しておくことができます。確実に場所を確保したい教室の場合は予約することは必須です。最悪、当日に連絡をしてレンタルスペースを借りることは不可能ではありません。

しかし、全てのレンタルスペースが使用されている場合は待たなければなりません。そして、他の人がいつ使い終わるのかもわからないのです。スケジュールが狂ってしまいますから、予約をしていたほうがいいでしょう。自分が使うだけならば、当日でもいいでしょうが、教室が開く曜日が決まっているならば、レンタルスペースの確保は基本です。



 
レンタルスペースを利用すれば費用削減ができる




レンタルスペースのメリットと言いますとコストの安さが挙げられます。一般的な不動産物件を借りる場合は50万円から100万円の費用が必要になります。毎日のように利用するならば、それでもいいでしょう。しかし、1週間に1回程度の頻度になりますと、コストパフォーマンスが悪すぎます。

大きな出費になると支払が大変に感じるでしょう。しかし、レンタルスペースを選んだ場合は、10万円以下で利用することができますから、気軽に使えます。こういった安さが魅力なので、少しでも初期費用を抑えて教室を開催できるように準備を進めてまいりましょう。

そのときに考えなければならないのは、どの程度の生徒を収容できるかどうかです。最大の人数を想定しながら予約しないと効率が悪いです。狭いレンタルスペースの部屋の場合は、少ない人数しか収容できませんし、逆もあります。

10名程度の生徒さんを想定しているのに、50名程度収容できるレンタルスペースの場合はスカスカになってしまいます。生徒さんの人数が多い場合は、それなりに対応できるような広いレンタルスペースを選択するようにしましょう。

幾つかの広さのレンタルスペースがあるようなビルならば、臨機応変に生徒数に応じて予約を変更することができます。広くなればレンタル価格も高くなります。それでも不動産を借りるよりは安く毎月の出費は10万円程度で済むわけです。これならば安心して借りることができます。



 
レンタルスペースでも備品が揃っているところは特にお得感がある



教室を開く場合は、その内容にもよりますが、部屋だけを借りて、すぐに教室を始めるわけではないです。テーブル・イス・ホワイトボードなど色んな備品を揃える必要があります。

レンタルスペースではなくて普通の物件を借りた場合は、備品も一からすべて揃えなければなりません。その費用が必要ですから初期投資の準備金がさらに必要になります。

レンタルスペースの場合は、基本的な備品が最初からセットになっている場合も多いです。備品は自由に使っても良い条件ならば、費用削減に大きな効果があります。例えばホワイトボードに使うペンです。消耗品になりますから、出なくなったら、新規購入をしなければなりません。1本の価格は安くても長い目でみたら、大きな金額になります。

レンタルスペースを継続的に契約する場合は、どういった備品がセットになっているのかを調べておくといいです。もちろんですが、備品の品揃えが良いところを選ぶべきでしょう。




 
心理的効果の面でも便利な場所に位置するレンタルスペースは魅力的!

undefined

レンタルスペースを見つけるときには、できるだけ行きやすいロケーションにあるところを選びましょう。教室を目的としているならば尚更です。電車から降りて、徒歩で5分圏内の場所から選ぶようにしてください。こういった場所は空いている物件も少ないです。また価格も高額になりがちですから、レンタルスペースを借りるほうが賢いやりかたです。駅にも近くて、目抜き通り・大通に面しているならば目立つからです。

初めて来られる人でも、道に迷うことがありません。駅から離れている遠い場所となると、面倒なイメージが先行してしまいます。興味がある教室であっても、交通の便が悪いと申し込みを躊躇します。

レンタルスペースを借りて教室を始めるならば、場所にはこだわるべきでしょう。最寄り駅から徒歩圏内であるのは当然ですし、理想的には5分以内です。離れている場合でも10分までの場所を選ぶようにしましょう。




 
レンタルスペースならば、準備をするのも簡単!




不動産物件を賃貸契約するわけではありませんから、面倒な契約をすることはありません。レンタルスペースを借りたい希望を申し出るだけで終了します。極端な話になりますが、その日にいきなり行っても部屋に空きがあれば利用できます。

例えば、カメラ撮影のフィールドワークの教室があって、生徒さんの希望で、その後座学をすることになってもレンタルスペースならば対応できます。普通の物件を借りる場合はとてもできないことです。まず、契約するために必要な書類を集めなければならないのです。

レンタルスペースを借りる場合は、手続きも簡単です。物件を借りる契約に不慣れな場合は記載内容もわかりにくいので時間もかかります。ですが、レンタルスペースの場合は電話1本で大丈夫です。

レンタルスペースは長く続けなければならないプレッシャーも感じません。教室を始める場合は、長期間の実施が前提にあります。物件を借りて教室を始める場合は、初期費用がとても高いです。その投資分の元はとらなければならないプレッシャーがあります。

そんな環境で教室を経営するのは理想的ではないです。レンタルスペースならばプレッシャーはありません。気軽に教室を始めることができるのは大きなメリットでしょう。利用者が増えない場合は、その時点で判断してやめてもいいですからね。最初は週に1回ペースにしておいて、生徒さんが増えてきたり、慣れてきたりすれば週に2回に増やすといいです。



 
まとめ



いかがでしたでしょうか?今回は新しい教室を開く場合に利用したいレンタルスペースはおすすめということをテーマにしてお話しましたが、会議に使うこともありです。この場合であっても駅から近いことはメリットです。駅から離れていたり、わかりにくい場所であったりすると時間に遅刻する人もでてきます。それでは会議をスムーズに開催できません。全員が揃うまで待つとなると、時間が無駄になります。

駅に近い場合はレンタルスペースがどこにあるかすぐにわかります。時間通りに集合できますから、時間に無駄がありません。体力を使うこともありませんから、会議に集中できます。レンタルスペースに到着するまで時間がかかると無駄な体力を使いますし、良いアイデアがでないまま会議が終わってしまうでしょう。



  コンタクトレンズの通販
小倉北区・八幡西区・北九州リフォーム
一枚板
川越のホットヨガ・暗闇フィットネス
自由が丘パーソナルトレーニング

JOHNNYSTYLE(ジョニースタイル) 自由が丘店
TEL03-5755-5720
〒158-0083 東京都世田谷区奥沢5丁目29−10 自由が丘リブレビル 4F
https://www.johnny-style.com/company/jiyugaoka.html